出前!みちくさ広場!


 ?山と心に木を植える?

 森にふれる機会が少なくなっていませんか。また、森から遠ざかっていませんか。すべての生きもののいのちの源は森だということをご存知ですか。私たちの暮らしは森と一緒に成り立っています。 森は酸素をつくり、水を蓄え、土砂流出など防いでいます。“ブナ一本で一反の田を潤す”とも言われています。各地の魚付林の海には魚が集まり、アムール川から運ばれたプランクトンは豊かな漁場をつくっています。また、ミネラルが多い水は田の稲に元気を与え、私たちの主食を育てています。

Child
 写真、画家、音楽などの芸術家は自然の輝きや雄大さそして厳しさに感動し、それをアートに創作しています。また、生きて300年の木は伐られても1千年以上の建物になって生きています。ミツマタやコウゾで作られた和紙は何百年経ても、先人たちのメッセージを現代人に伝えています。ヤマグワの葉を食べた蚕はマユに変身し、何十年、何百年後でも着られる絹を私たちにプレゼントしています。
Michikusa
 2011年3月11日の東日本大震災と原発事故は、そんな自然(森)の脅威に畏れ、自然の恵みに敬う心を教えてくれました。原子力発電の恐ろしさを沈静化するのも原始力(淡水)でありました。放射能を吸収・固定してくれるのも自然力でした。自然の恵みを暮らしに活かす時代がやってきました。原発に頼らない暮らしと社会は、科学や技術の発展により自然を支配できるという考えを反省し、私たちの“森と生きる心”を育むことから始まります。

 私たちが森に生かされていることの有り難さ、色々な感動を与えてくれる森の素晴らしさを“みちくさ”で体験してみませんか。そのお手伝いをさせていただきます。bud

名称 四季の「出前!みちくさ広場」
四季の「みちくさ広場」
場所 希望者が希望する場所又は足尾・松木沢
内容 ご要望に応じたカリキュラムを提供いたします。
自然の恵みの有り難さと素晴らしさ、そして森の息吹を身体で感じる遊びを室内外で体験することを目的としています。
時間 ご相談ください。
「出前!みちくさ広場」の場合、室内では1時間程度、フィールドでは半日程度の時間を目安としてください。
費用 無料(ただし、スタッフの交通費は希望者の負担。オプションに係わる費用は自己負担。)
募集 随時行なっています。
詳細 パンフレットをご覧ください。 パンフレットをダウンロード
申込先
  • TEL・FAX
  • 03-5692-4900
  • E-mail
  • info@moribito.info
  • 住所
  • 〒114-0013
    東京都北区東田端1-12-24二美ビル201
    NPO法人森びとプロジェクト委員会